「踏破」の定義について

f:id:lemola:20210411185126p:plain


-何を持って踏破とするか

 

-何を持って未踏とするか

 

ここを線引きしておきたい。

 

例えば、僕はアメリカ旅行に行ったことがあるが、

ニューヨークやフロリダなんかには行ったことがない。

それでも、「アメリカに行ったことがある」と言って間違いではない。

しかし、これは「アメリカ全土を踏破した」とは到底言えない。

 

目標を自分が満足いく形で達成するために、

目標である日本全土踏破は、どれくらいの解像度で行うべきかを考えたい。

 

まず思いつくのは、「47都道府県制覇」だろう。

しかしながら、僕はすでに45都道府県に足を踏み入れているため、

[その都道府県に足を踏み入れたら、踏破とみなす]としてしまうと、

あまりにあっけなく目標達成となってしまう。

これは面白くない。

 

一方で、あまりに踏破のハードルを高く設定すると、到底実現不可能な目標となってしまう。

仮に、[日本の全ての道路を走破する]と定義したとしよう。

道路なんていうのは日に日に伸びたり、通行止めになったりするものだ。

こんなものを全て行ったところで、翌年には新しい高速道路ができたりして

永遠に目標達成は不可能だ。それに、面白くない

 

したがって、

・ある程度の難易度

・時間経過によって目標がぶれない

・それなりに楽しい

これらの要素が必要となってくる。

 

これを満たす踏破の定義をいくつか考えてみた

・現存する神社仏閣を訪れる

・現存する日本のお城を訪れる

・全都道府県で3日以上過ごす

・全都道府県でキャンプする

・全都道府県の県庁所在地を訪れる

・全市町村に足を踏み入れる

こんなところだろうか・・・

 

この中でやりがいがありそうなのは、

最後の「全市町村に足を踏み入れる」だろうか。

 

市町村ならかなりの数がありそうだ。

今住んでいる千葉県ですら、おそらくまだ未踏の地があるだろう。

 

果たしてこれが現実的な目標かどうか。

追加で検証したい。

全日本踏破について ー理科系作文verー

このブログの目標:全日本踏破し、その記録を残す

 

このブログの目的:

 ・目的地の全容の明確化

 ・訪れた場所の記録。見える化

 ・達成に必要なリソースの算出

 ・計画と実績の差分の分析及びフィードバック

 

やるべきこと

 ・「踏破」の定義を明確にする

 ・記録方法のルールを決める

 ・全日本踏破計画の立案

 

日本全土を踏破する。なんでそんなことがしたいのか。なぜブログが必要か。

日本全土を踏破したい。

ある日、ふと突拍子もないことを思いついた。

なんだか知らないけど、やりたくなったのだ。

 

冷静になって、なんでそんなことをしたくなったのか考えたので、

その記録をここに残しておこうと思う。

 

 

 

僕は旅行(というよりは、冒険・探検)が好きで、一般の人よりはいろんな場所に出かけている。(と思う)

 

ただ、これまではそのほとんどが旅行好きの同僚や先輩について行くばかりで、目的地にあまり主体性がなかった。

そのため、せっかく旅行に行っても、詳細を覚えていないことが多い。

 

・なんだか楽しかったことは覚えているけど、あれはどこだったか。

 

・なんだか美味しかったことは覚えているけど、あれはなんという店だったか。

 

ということがままある。

 

僕はたくさんの場所を訪れ、日本中に魅力溢れる場所がたくさんあるんだな、ということを知ったつもりでいる。

別に特段有名な観光地でなくとも、訪れてみればその土地にはその土地に根付いた文化、名物があるのは当たり前。

昔から冒険心の強かった自分には、「知らない土地に行く」というのはそれだけで楽しいものだった。

 

しかしながら、それを覚えていない。覚えられない。ということに最近思い立った。

 

それはなぜか。記録がないからだ。

 

知らない土地にやってきた時の感動。そこであった発見・体験。美味しかった食べ物。

これらは僕の財産であるはずなのに、時間が経てば思い出は日に日に薄れていく。

これは、財産が日に日に目減りしていっていると言っても過言ではない。

 

こんなに勿体無いことはない。

 

したがって、これまで訪れたことのある場所をマッピングし、ブログに書き起こしてその記録を残す=その土地での記憶を蘇らせる。

まずこれがこのブログの1つ目の目的となる。

 

そして、2つ目の目的は、未踏の地を明確にすることだ。

上記の記憶補完作業により、自ずと自分の訪れたことのない場所が浮き彫りになる。

こうして未踏の地を明確にしておくことで、これからの旅行先候補を決めやすくなるわけである。

 

当然、最終目標はこの未踏の地全てを訪れることである。

未踏の地のボリューム感をまずは把握し、全てを踏破するための作戦をこれから立てていこうと思う。